逆流性食道炎に効果があるといわれている薬は、次の4つです。 ・胃酸分泌抑制剤 ・消化管運動機能改善剤 ・制酸剤 ・粘膜保護剤 胃酸分泌抑制剤というのは、その名の通り、胃酸の分泌を抑制する薬のことをいいます。 パリエット・タケプロン・オメプラゾールなどのプロトンポンプ阻害薬、ガスター・ザンタック・アシノンなどのH2ブロッカーが胃酸分泌抑制剤として代表的でしょう。 消化管運動機能改善剤は、食べ物の消化を促進させて、胃液の逆流を予防する薬です。 ガスモチンやナウゼリンといった薬が消化管運動機能改善剤にあたります。 制酸剤は、胃酸を中和して、食道へのダメージを軽減する薬です。 複合制酸剤(マーロックス懸濁用配合)が制酸剤にあたりますね。 粘膜保護剤とは、食道の炎症を修復したり、損傷を予防する薬のことです。 アルロイドGやトロキシンといった薬が粘膜保護剤として挙げられます。 このような薬が逆流性食道炎の治療に用いられていますが、どの薬にも副作用が存在します。 そのため、きちんと医師や薬剤師の指示に従って服用してください。